人気のルテインサプリおすすめランキング!

人気急上昇中のルテインサプリ。その中でも本当に良い商品はどれか?

カテゴリー: 未分類

ルテインサプリの効果と副作用

現代に生きる自分たち人間は、パソコンやスマホなど日常に使っていることが多く、目を酷使しています。パソコンやスマホから発せられる光は目に有害で悪い影響を及ぼします。

そんな目を酷使しがちな現代に打ってつけの成分があります。それが「ルテイン」です。

ルテインは緑黄色野菜などに含まれる色素なのですが、このルテインには目を保護する役割がある他、加齢による目に対する病気などを予防する効果も期待できます。

【ルテインサプリの効果】

ルテインの摂取量の目安は、1日6mgから12mgと言われており、ほうれん草では約60gなので摂取できる量です。しかし、栄養価が一定でなかったり、調理によっては栄養価が失われる可能性もあります。

そこで安定したルテインを摂取するためにも、ルテインサプリを利用することをおすすめします。

ルテインを摂取する効果には、パソコンやスマホなどの有害な光で目の老化を促進するのを防いでくれる効果がある抗酸化作用や目に影響がないように紫外線を遮断してくれる効果などが期待できます。

緑内障や白内障などの予防にもルテインは効果的です。

【ルテインサプリの副作用】

ルテインサプリは摂取量を守っていれば、副作用の心配はありません。

しかし、注意するとしたらルテインサプリによっては、配合されている成分によってはアレルギーなどを気を付ける必要があります。

体質やアレルギー反応する成分は人それぞれ違いますので、アレルギーが気になる人は、ルテインサプリを摂取する前に眼科の医師やアレルギーで通っている病気の医師に相談してから摂取するようにしてください。

ルテインサプリメントの原材料になっているものはどんなもの?

ルテインという言葉はあまり聞きなれない言葉かもしれませんが、私たちが普段食事を摂取していて、その中にも含まれている成分の1つです。このルテインが目の保護に良いと昨今注目を浴びています。

食品でもルテインは摂取できるのですが、なぜルテインサプリメント?と思うかもしれませんね。それはサプリメントであれば、効率よく必要なものだけを摂取することができるからなんです。

食品はいろいろなものをたくさん食べなければ、その成分を摂取できないので非効率だと言えるのです。

ではルテインはどんなものに含まれているのでしょうか。またどんなものが原料になっているのでしょうか。

ルテインは日頃の食事からも摂取できる

その一つが野菜です。野菜の中でも緑黄色野菜の中に含まれるカロテノイドにルテインがたくさん含まれているのですね。

カロテノイドとは抗酸化作用のある色素のことです。そのためサプリメントの中のルテインは、この緑黄色野菜が原料になっていることは多いのですね。

ルテインサプリの原料は主にマリーゴールド

次に花であるマリーゴールドや果実であるビルベリーが原料になっていることも多いです。花にも果実にも色素が含まれていますね。

自然のものにもたくさん含まれているルテイン。そのサプリメントを摂取するなら、その原料は、やはり天然素材も物が含まれているのがおすすめです。

一昔前では化学合成されて作られたルテインを使ったサプリもありましたが最近はマリーゴールドから精製された天然のルテインが使われてるのが主流です。

ルテインサプリの摂取量は?どれくらい飲むの?

ルテインの1日の摂取量は6ミリグラムとされていて、加齢黄斑変性症の予防で摂取する場合は1日に必要な推奨摂取量は6ミリグラムとされています。

ルテインの6ミリグラムをほうれん草に換算すると、アメリカではサラダボウル等で5杯分であると等とされています。

しかし実際にこれだけの量を食べるのは大変であるため、ルテインサプリメントでなら手軽に簡単に必要量を摂取出来ます。

ルテインサプリであると、効率良く摂取出来るため賢明であると言えます。

健康食品やサプリからルテインを摂取する場合には、商品のパッケージや説明書に記載されている情報である容量や用法に目を通してからそれに従って摂取をしていきます。

毎日30mgを140日間に渡り摂取をすると、その効果を持続するのは20から40日間後に黄斑部の色素量が増加し始めています。

摂取を中止した後も40から50日間は、黄斑部の色素の増加が持続しています。

体内のルテインはたばこを吸ったり紫外線を浴びたりすると少しずつ減少していくため、これらの効果を持続させるためには禁煙や強力な直射日光を極力避けて黄斑部等の体内のルテインが消費されて減少しないようにするのを防ぐ事が必要になります。

基礎から学ぶ!ルテインサプリの基本情報

ルティンはカロテノイドと言われる天然色素の一種であり、黄色の色素です。

ルティンはほうれん草や人参やかぼちゃ等の緑黄色野菜やトウモロコシや植物の緑葉やマリーゴールド等の黄色い花の花弁や果実や卵黄等に多く含まれています。

特に緑黄色野菜に多く、ほうれん草では100グラム当たり10.2mgでブロッコリーでは100グラム当たり1.9mg含まれています。

カロテノイドは自然界に存在する色素で、現在750種類以上が知られています。

身近な例には、花弁の黄色や橙色や紅葉の赤色や黄色や野菜の果実の黄色や赤色の他に、鮭の切り身やイクラの赤色や加熱した鯛やエビ等の赤色等があります。

人間の身体の血液の中で検出される主なカロテノイドとしては、βカロテンやリコペンやルテインやゼアキサンチンやβ‐クリプトキサンチンがあります。

ルテインは人間の身体に多く存在していて、眼底の網膜の中心部や水晶体や皮膚や乳房や大腸に存在しています。これらの中でも、黄斑部に多く偏在しています。

網膜の中心にある黄斑部は、視機能に重要な役割を果たしています。

色彩に鋭敏な錐体細胞という細胞が高密度に存在していて、視力や色覚を始めとした視覚の多くを担っている部位です。

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén