ルテインの1日の摂取量は6ミリグラムとされていて、加齢黄斑変性症の予防で摂取する場合は1日に必要な推奨摂取量は6ミリグラムとされています。

ルテインの6ミリグラムをほうれん草に換算すると、アメリカではサラダボウル等で5杯分であると等とされています。

しかし実際にこれだけの量を食べるのは大変であるため、ルテインサプリメントでなら手軽に簡単に必要量を摂取出来ます。

ルテインサプリであると、効率良く摂取出来るため賢明であると言えます。

健康食品やサプリからルテインを摂取する場合には、商品のパッケージや説明書に記載されている情報である容量や用法に目を通してからそれに従って摂取をしていきます。

毎日30mgを140日間に渡り摂取をすると、その効果を持続するのは20から40日間後に黄斑部の色素量が増加し始めています。

摂取を中止した後も40から50日間は、黄斑部の色素の増加が持続しています。

体内のルテインはたばこを吸ったり紫外線を浴びたりすると少しずつ減少していくため、これらの効果を持続させるためには禁煙や強力な直射日光を極力避けて黄斑部等の体内のルテインが消費されて減少しないようにするのを防ぐ事が必要になります。